書類管理の手間を削減したいのなら介護ソフトを使おう

デイサービスの車

介護施設を運営していく上で欠かせないのが、情報管理です。入居者に関する情報やケアプラン、働く人の勤怠管理情報など、様々な情報を紙の書類で管理する場合、経営を続ければ続けるほど書類が増え、保管や管理の手間がかかる状態となっていまします。そんな情報の管理をより手軽なものにしたいという場合は、介護ソフトの導入がおすすめです。
介護ソフトのメリットは、これまで紙の書類で管理していた様々な情報を、データ管理できることです。紙媒体の場合、しっかりと分類をして綺麗にファイリングをしているつもりでも、探している書類が見つからない状態になってしまう可能性がないとは言い切れません。さらに、管理の仕方によっては、紛失などのトラブルが起きる可能性も残ります。それに対し、データという形での管理であれば、大量の情報であっても保管場所に困ることがない上に、いつでもどこからでも手軽に必要な情報を呼び出せるようになります。書類を探す手間が省ければ、その分人件費などのコストを減らすことにも繋がります。そのため、介護施設での情報管理業務をより手軽なものにしたいという場合は、介護ソフトを導入することを考えておくと良いでしょう。

介護ソフトを導入して働きやすい介護の現場を目指そう

高齢者の方が利用する介護施設として、大きく分けると入所型と通所型の施設があります。そこで働く方々の仕事は多岐に渡り、肉体的にも精神的にも大変なことが多い環境になります。人手が足りないと一人一人の負担が大きくなり、図らずともケアが行き届かない事もあります。また負担が大きくなる程に、職場への不満も高まってしまいます。このような状況が続くと、職場環境の改善を考えていかなければいけません。

求人募集を行うことはもちろんですが、一人一人の負担軽減を目指して介護ソフトを導入するという方法がおすすめできます。このソフトの活用により作業効率があげられるため、従業員の方々の負担を大きく軽減できます。具体的な介護ソフト導入によるメリットをあげると、利用者の介護記録がシステム上で管理できるようになるため、情報管理が非常にスムーズになります。

利用者の方の介護記録の確認も、端末からすぐに行えます。端末を複数台準備すれば各所での確認も可能になり、移動の手間も時間も削減できます。システム上で様々な書類作成や面会者管理なども行えるようになり、作業の簡素化による職場環境の改善を実現できます。介護ソフトの導入により人手不足による悪循環も、改善しやすいでしょう。

介護ソフトを利用して施設での業務効率化を図ろう

近年、介護の需要は高まり続けていますが、一方で深刻な人不足も懸念されています。少しでも介護スタッフの負担を減らし業務の効率化を図るために、介護ソフトの導入がおすすめです。ここでは介護ソフトの利点をご紹介します。

まず1つ目は「介護記録をデータベース化できる」という事です。紙ベースで介護記録を管理していると、利用者が増える度に用紙量が増えてしまいます。保管スペースの確保が大変であったり必要な情報を探すのに手間取ったりするケースがあります。それをペーパーレス化・電子化することにより用紙代が削減でき、また誰が見てもわかりやすい介護記録を作成できるため、スタッフ間での引き継ぎをスムーズにできます。

2つ目は、「金銭管理を一覧で把握しやすくなる」ところです。介護の現場では利用者の施設費だけでなく、通院費用や備品購入などさまざまなお金の管理が必要になってきます。レシートや請求書を1つ1つ管理していると膨大な量になり、また金額が合わないなど管理に手間取る場面も多くあります。こちらをデータ化することで、入金・未入金や請求関連などの細かいやりとりもわかりやすく視覚化できます。

上記のほかにも、報告書の作成や入居者・面会者の管理等をまとめて行えるのが介護ソフトの強みです。ぜひ導入し業務効率化を図りましょう。

もし本格的に導入することを考えているなら、介護ソフトは【ケア樹】の商品がおすすめです。管理しやすく、機能性も抜群です。

車いす介護

介護ソフトの導入で仕事が楽になる

忙しい介護の仕事を楽にしたいなら、負担が軽くなる介護ソフトの導入を検討してください。介護ソフトができることは多く、主に情報管理をソフト上で行うために活用します。情報管理を介護ソフトで行うだけでも…

News