介護ソフトの導入で本当にやるべき仕事に時間を使う

手でハートマーク

介護施設の需要は高まる一方、スタッフ不足の問題は深刻です。更に業務の煩雑さ、ご家族の対応など、「介護以外」の仕事が施設スタッフにより一層の負荷をかけています。

特に気を遣う業務のひとつがお金の管理です。施設の入所者は自分でお金の管理ができない方も多く、職員が必要な支払いを代行することも多くあります。お金のトラブルはご家族との信用問題にも発展するため、なるべく関わりたくないというのが施設の本音です。しかし日々の散髪、買い物、レクリエーション、急な診療と、お金のかかるイベントは毎日発生します。どの方からいくら預かっているのか、支払いは終わっているのか、そのような細かな状況を、忙しいスタッフ同士で細かに共有しあうのは至難の業です。そこでおすすめしたいのが、介護ソフトです。

介護ソフトというと、介護保険の点数を管理するものというイメージを持たれる方もいるかと思います。しかし「お金の管理」も、介護ソフトでできるのです。

介護ソフトの導入により、請求状況や入金・未入金の状態を見える化し、常に最新の状況がわかるようにすることで、無駄な引き継ぎ時間やストレスを削減することができます。職員が余計な作業に気を取られることなく、本来行うべき介護に専念できるようになり、お客様満足度の向上にも繋がることでしょう。

車いす介護

介護ソフトの導入で仕事が楽になる

忙しい介護の仕事を楽にしたいなら、負担が軽くなる介護ソフトの導入を検討してください。介護ソフトができることは多く、主に情報管理をソフト上で行うために活用します。情報管理を介護ソフトで行うだけでも…

News